風見鶏的日常
当ブログの作者、風見鶏が日常思うこと、感じたこと、出来事など、まさに風の向くまま、気の向くままに書き散らかしていくページです。 リンクフリーです。
カミさん用タント、危機一髪
先日、カミさんから「タントのブレーキランプが切れてる。」と言われたので、

早速、ホムセで交換用の球を買ってきてつけかえました。


はい、確かに左のブレーキランプが切れてます。
タント整備004


最初、「修理に出す。」とか行ってたのでホムセで球だけ買ってきて・・・。
タント整備003
2個入り、税込311円。




上が切れた球、下が新品。その差は歴然。
タント整備002
新車で購入してから5年ほどが経ちますが球切れの時期としてはこんなもんでしょう。


右のブレーキランプも同じように黒ずんでいたので切れる前に交換。





これでバッチリOKです。
タント整備001


と思っていたら・・・。


さらにカミさんから「エンジンからシャラシャラ音がする」。


早速、エンジンをかけて状態をチェック。

エンジンを煽って音を聞いてみる。

ガサツな感じの音はするがファンベルトとかでは無さそう。

エクリーナーは・・・特に目詰まりなし。

最後にエンジンオイルのチェック。

オイルレベルゲージに・・・オイルが付いてこない。

エンジンからの異音の原因はオイル量の低下が原因のようだ。

再びホムセに走りオイル交換用の買い出しへ。




気を取り直して早速オイル交換開始。

この時、時刻はすでに18:00。

速攻で作業を終わらせようとしたその時、残念な状況が発覚した。


抜いたオイルはドロドロでかなり量が少なかった。

ここまでは予想の範囲内。


オイルを抜き切って新しいオイルを入れようとしても入っていかない!

入っていかないオイルはたちどころに溢れて駐車場の地面に・・・。


劣化したオイルが粘土状になってオイルキャップ周りをふさいでいた。

あわてて粘土状になってしまったオイルを指などで掻きだし、

何とかオイルの投入経路を確保。

とりあえず新しオイルを投入して次の休みにフラッシングをして

オイルフィルターともども再度オイル交換だな。



あんな状態で高速でも走られたら終わってたな。


タントも定期的に面倒見てやらないと・・・。







スポンサーサイト
【2014/04/26 09:18】 | クルマ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<雑草と闘う。 | ホーム | 今日はVTZ250で>>
コメント
風見鶏さん 頼もしいです。
なんでも ちょちょいのちょいで直してしまうから
とっても羨ましいです。

我が家は誰一人 車に詳しい者がいないので
電球交換だけでも 結構な作業料
請求されます(-_-;)
【2014/04/26 19:39】 URL | こっぺ #YD14tAto[ 編集]
いや~、今回は完全に点検不足。
あと少し発見が遅かったら・・・と思うとゾッとします。
世のの中には「ガソリンさえ入れとけばクルマは動く」と信じて疑わない人がまだまだ多いです。
こんなに身近にもいました。
【2014/04/29 23:34】 URL | 風見鶏 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2505kp61.blog57.fc2.com/tb.php/604-c04fb01d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

風見鶏

Author:風見鶏
妻一人、子供二人、バイク2台に囲まれて、風に吹かれるままにお気楽に生きています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

占いブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する