風見鶏的日常
当ブログの作者、風見鶏が日常思うこと、感じたこと、出来事など、まさに風の向くまま、気の向くままに書き散らかしていくページです。 リンクフリーです。
新年はブレーキメンテナンスから・・・。(VTZ250)
新年一発目の更新までかなり間が開いてしまったが・・・

ちゃんと生きています。


さて、今回用意したものはステンメッシュホースとデイトナの赤パッド。
ブレーキ交換 009

完全冬眠中のVT250F2H(左)と、やや冬眠気味のVTZ250(左)です。
ブレーキ交換 010
今回はVTZ250のブレーキを整備します。


早速、赤パッドの角を丸くします。鳴き止めに効果があるそうな。
ブレーキ交換 011

今回はホースも交換するのでキャリパーを外してパッドを交換します。
ブレーキ交換 012

だいぶ減ったブレーキパッドを新品に交換するのでピストンを押し戻さなければなりません。
ブレーキ交換 013
自作のSST(ピストン戻し機)でピストンをキャリパーに押し込みます。


実はこの行為が後で面倒を引き起こします。


分厚い新品のブレーキパッドと薄っぺらになってた古いブレーキパッドです。
ブレーキ交換 014

この後パッドを組み込んだキャリパーを車体に戻し新しいホースを繋ぎ・・・。

なんとブレーキホースの長さがあと1センチほど足りません。

ここで時間はお昼過ぎ。

昼ごはんを食べて仕切りなおし。

結局打開策は見出せず、ホースは元のものを付け直す有様。

一応、形はできたのでオイル漏れチェックもかねて試運転・・・。

バイクが前に進みません。

フロントブレーキが完全にロックしています。


結局、ブレーキ全バラです。
ブレーキ交換 015


取り出したブレーキピストン。
ブレーキ交換 016
上部の黒ずんでるところ、写真では処理済の画像だが、

長年の錆と汚れが堆積しており、それを除去せず強引にキャリパーに押し込んだため

ピストンがブレーキローターを挟んだまま固着してもどらなく成った為だ。


古いブレーキパッドを交換するときはブレーキピストンのメンテナンスもセットでやるべきです。





さて、紆余曲折を経て何とか完成しました。
ブレーキ交換 017
フロントブレーキの引きずりもなく動作状態は良好だ。

オイル漏れなどのチェックも問題なければこれで今回は完成。



ほぼ丸一日かけての成果がブレーキパッド交換のみにとどまるとは情けない。



春までにまだ時間はある。もう少し完成度を上げなければ。
スポンサーサイト
【2013/01/11 20:30】 | バイク | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ブレーキメンテナンスの続き・・・VTZ250 | ホーム | 2012年から2013年へ>>
コメント
プロ並みのメンテですね。
風見鶏さんにとっては 
きっと たいしたことじゃないんだろうけど
この技術って どうやって習得されたんだろう?
って 感心しながら拝見しました^^

ブレーキOK!
今年も 素敵なTRGが楽しめますね^^v
【2013/01/17 08:23】 URL | K-tooko #YD14tAto[ 編集]
貧乏性・・・じゃなくてビンボーなのでついつい自分でやって安く上げてしまおうってわけです。
幸いVTZは簡素な作りで部品点数も少ないのでわりかた自分で触れるバイクなんです。なにせ250cc界のスーパーカブって褒められるぐらいですから。
【2013/01/17 16:29】 URL | #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2505kp61.blog57.fc2.com/tb.php/501-01d8b365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

風見鶏

Author:風見鶏
妻一人、子供二人、バイク2台に囲まれて、風に吹かれるままにお気楽に生きています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

占いブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する