fc2ブログ
風見鶏的日常
当ブログの作者、風見鶏が日常思うこと、感じたこと、出来事など、まさに風の向くまま、気の向くままに書き散らかしていくページです。 リンクフリーです。
10年ぶりのフロントフォークOH(VT250F2H)
現在もっぱら長男が使っている

カミさん用VT250F2Hの

左フロントフォークからオイル漏れしたので

オイルシールとダストシールを交換します。

F2Hはちょうど10年前にOHしてました。


まずはサクッとシートとサイドカウルを外し
20230908125831f67.jpeg



フロントフェンダーとタイヤを外します。
202309081258343fe.jpeg



至極順調にフロントフォークも抜いていきます。
20230908125834ae3.jpeg



外したフロントフォークは年代の割に綺麗なもんです。
202309081258375e0.jpeg

だがしかし…

ココからが地獄の始まりでした。

作業開始は午後の1時。

この日の最高気温は34度。

10年前は時間がかかりながらも

各工程は順調に進行したのだが

今回は開始後1時間で難関にブチ当たった。

ボトムケースにシートパイプを固定している

ボルトが途中まで緩んだ後シートパイプと

共回ししてしまい、

締めて戻すこともできなくなってしまった。

少し緩めて締めてを繰り返し

格闘すること約1時間で左側は

なんとかボトムケースと

インナーチューブの分離に成功。

ほとんど握力を使い切った状態で

左フロントフォークのOHは完了させた。
20230908125837379.jpeg


右のフロントフォークも全く同じく

シートパイプが共回り。

左と同じように少しずつ緩めて締めてを

繰り返すが延々と共回りをつづけるだけ。

その日はそこで諦めてしまった。


中2日置いて作業再開。

ネットの書き込みに同じ症状のかたが

ビニール傘を使って反対側から押さえて

ボルトを緩めたとの事だったので

試してみたがダメだった。

さて、どうしたものか?

傘の先よりももっとしっかりしたものが有れば。

ホムセでしっかりしたものを買ってきた。

先端にゴム引手袋の指先を付け

お尻にバイスプライヤーを取り付け

SSTを使ってみた。
20230908125840836.jpeg

再び格闘する事小1時間、

なんとかボトムケースとインナーチューブが

分離できました。

後はオイルシールを打ち込み

オイルを入れてエアー抜きをして

スプリング、ワッシャー、カラーを入れてキャップをします。

フロントフォークを車体に戻し、

フェンダー、タイヤ、外装を戻したら

試走します。

オイル漏れもなく

乗り心地が格段に上がりもせず下りもせず

フロントフォークOHは無事に完了。
2023090812584288a.jpeg



久々に爪の間まで油まみれになって作業した。
202309081258424ec.jpeg
スポンサーサイト



【2023/09/08 13:47】 | バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<1ヶ所直すと1ヶ所壊れる。 | ホーム | 中津川の竜神の滝へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2505kp61.blog57.fc2.com/tb.php/1224-965b1ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

風見鶏

Author:風見鶏
妻一人、子供二人、バイク2台に囲まれて、風に吹かれるままにお気楽に生きています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

占いブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する