FC2ブログ
風見鶏的日常
当ブログの作者、風見鶏が日常思うこと、感じたこと、出来事など、まさに風の向くまま、気の向くままに書き散らかしていくページです。 リンクフリーです。
VTブレーキ修理その後。
ナメてしまったスライドピンカバー


代用品を探してみました。
20200926192057a72.jpeg
サイズは同じM10なんだが


ピッチが合いません。
20200926192101722.jpeg
残念。

M10ボルトの一般的なピッチは1.5。

スライドピンカバーのピッチは1.0。


なんとか良さげなのを見つけてきました。
20200926192106d76.jpeg
コイツを切ってマイナスドライバー用の溝を掘る。


とりあえずカットしてみた。
2020092619210788e.jpeg


もう少し長さを詰めたいところだが、

相手はステンレス、硬すぎて力尽きた。


Bプラン用に買っておいたコイツの出番です。



ゴムクッション〜。
20200926192108653.jpeg
M10と直径ほぼ同じものをゲット。


まさに貼るだけかんたん。
20200926192108f33.jpeg
ぴったりフィットで何の違和感も有りません。


8枚入ってお値段150円。


コスパ最高。



スポンサーサイト



【2020/09/26 20:20】 | バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |
試練は乗り越えられる者に与えられる(VT250 F2H編)
と言う訳で、F2H用のブレーキパッドが

届いたので早速交換します。


SBSのセラミックパッド。
202009232035361de.jpeg
性能、耐久性は純正品と同等らしい。


早速問題発生です。


パッドのスライドピンの目隠しカバーをナメました。
20200923203540b3c.jpeg
上の写真はドリルで除去中の図です。



四苦八苦の末にパッドが外せました。
20200923203540e17.jpeg



残りの厚みはやはり1mm。
20200923203611c99.jpeg



そしてさらに衝撃の事実が…
202009232036073de.jpeg
同じ型番なのに溝の数が違う。


外側に2本溝、内側に3番溝をミックスして装着。


制動力に大差はないと思うが

2本溝を右手、3番溝を左手に付けるよりは

気分的にミックスの方が良いのかな?



ブレーキピストンは案の定、汚れが蓄積してました。
2020092320355983f.jpeg
しっかりとサビと汚れを落としておきます。左が処理後です。


ピストンをキャリパーに押し込むツールを作ってみました。
202009232036047d7.jpeg

先日のVTZの時より作業効率は大幅にUP!


結局4時間掛かってしまった。


これでF2Hはしばらく安泰だろう。



取り外したパッドにNISSINの刻印が。
20200923203546aea.jpeg

工場出荷のままでした。

33年、35000kmずっと交換されなかったので

パッド交換も一筋縄ではいかなかった。


さて、次の試練はいつどんな形で訪れるのだろう?
【2020/09/23 21:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
お・し・ま・い・デス。
VTZのブレーキメンテを終えて

ホッとしたのも束の間。

新たな試練が待ち受けていた。


VT250F2Hのブレーキパッドが
2020091617492437f.jpeg

使用限界に達していた。


ピストンがこんなに見えちゃってる。
2020091617492513d.jpeg

パッドの厚みは残り1mm。

楽天でF2H用の良さげなのが出てたので

早速ゲット。

F2Hはフロントダブルディスクなので

ブレーキパッドは2セット必要。

送料込み約5,200円、

出費は痛いが安全には代えられないので

ブレーキパッドが到着次第、即作業です。

F2Hは35,000km走行。

そりゃブレーキパッドも無くなります。


【2020/09/16 18:42】 | バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |
VTZ250ブレーキピストンシール交換
今日は朝から庭の芝生の草刈りを済ませて

久々に走ります。


庭田山に登ります。
20200916174913157.jpeg

先日交換したタイヤとブレーキパッドと

腕の鈍り具合のチェックです。

IRCのRX02はブリジストンのBT45より

しっとりした感じ、

BT45は路面からの突き上げがダイレクトに

伝わるのに対してRX02は衝撃を吸収してくれる

感じで接地感もしっかりしている感じ。

まあ、BT45が6年も使っているので

経年劣化の分の性能差が出てしまった

ということもあるが…(あくまでも個人の感想です。)

山を降りてから揖斐川沿いに南下して

木曽三川公園で自販機のアイスで一息つきました。


さて、戻ってからはVTZのブレーキピストンシールの交換です。
2020091617491322f.jpeg
前回、ブレーキパッドを交換した時にダストシールの劣化を確認。

部品代約2,000円。


早速、ピストンを抜きキャリパーを外します。
20200916174915dbb.jpeg



外したオイルシールと細い方がダストシール。
2020091617491698c.jpeg
ダストシールがささくれてしまってます。


各シールの収まる溝のゴミやサビを取り除きます。
2020091617491893c.jpeg
小さなL字アングルなどあるとはかどります。

ダストシール側の異物除去をしっかりやらないと

シールがうまく収まりません。

シリコングリスをたっぷり塗ってシールを入れていきます。
20200916174919fd8.jpeg



ダストシール側に手こずりながらもなんとかシール装着、
20200916174921d92.jpeg



ピストンを押し込んで車体に戻してホースを繋ぎエアー抜きをして完成。
20200916174922cbf.jpeg

引き摺りもなく無事に作業終了です。



そして新たな試練が待ち受けていたとは…。
【2020/09/16 18:17】 | バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |
ツンツンのつぎはペラペラ(VTZ250ブレーキパッド)
先日、しゃぼん玉さんでタイヤ交換した際に

ブーレーキも残りわずかと指摘されました。

前回のパッド交換から実に7年が経ってました。


パッドの厚み1mmほどでしょうか?
202009071940546a6.jpeg


2万km強、使えたと思う。


今回もデイトナの赤パッドで行きます。
20200907194055284.jpeg
送料込み2700円弱。


とりあえず鳴き止めに角を丸めます。
20200907194057071.jpeg



スライドピンを緩めキャリパーを外します。
20200907194058766.jpeg



取り出したパッドと新品の比較。
20200907194100651.jpeg



7年前の教訓でブレーキピストンを磨いてから戻します。
20200907194101bc5.jpeg

シール関係が怪しげだがフルード漏れは

無いようなのでしばらく様子見とします。

パーツは出てるようなので漏れ、滲みがでたら

対応予定。


新品のパッドは当然厚みがあるから組み付けが大変。
202009071941049f3.jpeg

ピストンをしっかり押し込んで、表側パッドを仮組みした

キャリパーををセットしてから裏側パッドを押し込む。

試行錯誤の末、この方法がベターだった。

その後、ひたすらエアー抜きし油面調整して完了。

試走の結果は普通にブレーキが効いたので

OKでしょう。

しばらく走れば当たりも出てもう少し

しっくりくると思う。
【2020/09/07 19:51】 | バイク | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

風見鶏

Author:風見鶏
妻一人、子供二人、バイク2台に囲まれて、風に吹かれるままにお気楽に生きています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

占いブログパーツ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する